sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

【毎日王冠2022予想】前走重賞以外は消し、レイパパレの取捨ては? 過去データとサイン

毎日王冠

こんにちはsukeumaです。

今週から東京コースが始まりますね。

このレースは天皇賞秋へ繋がる重要なステップですから確りと概要とデータを把握しておく必要があります。

良ければご覧になってくださいね。

 

■10/8現在■
最終予想を公開しました。あと1頭のご参考になれば幸いです。
スポンサーリンク

 

 

GⅡ毎日王冠

開催競馬場 東京競馬場
コース 芝1,800m
格付け GⅡ
条件 3歳以上 定量戦

当初は1950年に3歳以上の重賞競走として東京2500m戦として創設されました。

幾度かの距離と開催競馬場変更がなされ、1981年には天皇賞秋の前哨戦として定着するようになっています。

1984年に天皇賞秋が芝2000mに短縮されたことに伴い、前哨戦も芝1800mに短縮され現在に至っているそうです。

優勝馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられることとなっている為、古馬だけでなく3歳馬も参戦し、中距離路線の実績馬たちが秋の始動戦として熾烈な争いを繰り広げます。

 

 

東京1800m【芝左回り】の特徴

2コーナー付近ポケットからスタートし、本線に合流していくコースレイアウトです。

スタートから2コーナーまでの距離が短い為、極端な外枠は不利となることが多い。

バックストレッチに入るとペースは落ち着きますが、後半の起伏を越え3コーナー途中までは下り坂となり、徐々にペースを上げながら直線に向かいます。

東京の直線は長く高低差2mの急坂が続きますので、ここに至るまで脚を温存していなければ勝利は掴めません。

マイルのようなワンターンに類似してはいますが、コーナーが1つ増えることでペースが緩みやすく息入れがしやすい。

どちらかと言えばマイラーよりも中距離馬が活躍する事が多くなっている印象です。

 

 

新時代のコース傾向や馬場状況を分かりやすく馬券に活かしてくれる解析本です↓

【最新刊】JRA全競馬場・コース完全解析 コースの鬼! 3rd Edition

これ競馬場やWINSに持っていくの最適です✨スマホでデータ調べる煩わしさを一気に解消してくれた一冊ですよ。

 

 

 

人気データ【過去10年】

 人気  成績  単勝率  連対率  複勝率
1番人気 7-0-0-3 70.00% 70.00% 70.00%
2~5番人気 【2-7-6-25】 5.00% 22.50% 37.50%
6番人気以下 【1-3-4-68】 1.30% 5.30%

10.50%

1人気は軸に最適なようですね。

ただ6人気以下も2.3着には絡むので3連系を購入するのであれば柔軟な予想が必要となりそうです。

 

 

要チェックデータはこちら

多少の誤差は生じる可能性が有ります💦

参考データ
馬齢 3~5歳馬   【9-7-8-55】
6歳以上馬    【1-3-2-41】
前走レース 重賞レース    【10-10-9-87】
重賞以外     【0-0-1-9】

6歳以上はよほどの適性や勢いがない限り好走は難しいようです。

前走でいえば重賞以外からの参戦は切りで良いでしょう。

 

前走重賞以外レース出走【消し推奨】

キングストンボーイ

ハッピーアワー

レッドベルオーブ

 

6歳以上馬【消し推奨】条件付き ※東京コースでの重賞実績がなければ消し

ハッピーアワー

キングオブコージ

 

 

注目馬

サリオス

東京は鬼の素質馬がここへ参戦。

近走はマイルでの組み立てになってはいますが、もともと中距離もこなせなくはない馬ですし、2年前の同レースは3馬身差で圧勝していますから問題ないでしょう。

懸念はいつものメンタルと馬体重でしょうか。

やる気さえ出してくれれば能力を発揮する馬なのですが、、天皇賞秋が目標だとは思いますのでその辺りどう仕上げてくるかがPOINTとなりそうですね。

 

 

ポタジェ

ディープインパクト産駒のGⅠ馬。

東京コースでの実績もありますし、昨年はシュネルマイスターの3着、天皇賞秋でもエフフォーリアの6着の実績がありますので適性や能力は申し分ないと思っています。

馬自体いつも善戦する馬ですが、キレる脚がある訳ではないのでその辺りがこのメンバーでどう組み立てるかがPOINTでしょう。

レイパパレが逃げて展開を作るようであれば2.3番手先行が理想です。

 

 

レイパパレ

Vマイルは1人気ながら12着と大敗してしまいましたが、私も以前記事を書かせて頂いた通り1600mのラップには対応できない馬とみていますので、東京コースの適性についてはなしと見限らなくて大丈夫だと思います。

金鯱賞大阪杯では強力な逃げ馬ジャックドールがいましたので自身のペースで走れなかったのが敗因と見ていますので、今回は普通に自分のレースが出来るはずです。

天皇賞秋では買い目に入れる予定はありませんが、ここでは大将ですので勝ってエリザベス女王杯へ行って欲しいです。

 

 

最終予想

本命◎サリオス

一昨年の勝ち馬で安田記念3着馬ですから能力は抜けていると思いますし、東京コースでの適性も十分と見ています。
もともとマイラー馬体と気性ですし、5歳にもなりましたので1800mはギリギリな印象ですが、それでも東京1800mはワンターンとなっていますので折り合い自体はつくと予想しています。
このコースはマイルよりは息入れがつきますがやはりハイラップとなりやすいので、高速ラップに適応できるこの馬の対応力はプラスとなるはずです。

 


対抗〇ポタジェ

大阪杯を勝利したGⅠ馬で昨年同レースで3着と結果を残しています。

昨年3着天皇賞秋6着ですから東京はあうでしょうし、キレというよりはじりじり伸びてきますので先行早めで直線飛び込めば大阪杯の再現は出来そうです。

評価を下げた理由としてはトップ斤量(58kg)なのと、久々2000m以下でのハイラップに
対応しきれるかどうかでしょうか。

追い切りや仕上がりは抜群のようですので当日の具合では本命になる可能性有ります。

 

 


相手▲ノースブリッジ

重馬場のエプソムCを快勝した上り馬で、東京で狙い撃ちしている成績です。

今週も雨予報もあるかもしれませんのでこのアドバンテージはプラスでしょうし、いい枠をひきましたので、出遅れさえしなければ追える鞍上の信頼も上がります。

父モーリスも4歳で頂点を獲りましたので、この馬の覚醒にも期待です。

 

 

 

相手☆キングオブコージ

6歳以上の馬はデータ上あまり相性が良くないのですが、東京コース重賞での実績がある馬は除きます。

当馬は目黒記念を勝利した際は素晴らしいパフォーマンスでしたし、直線の印象をみてもかなりの適性がある感じです。

実績的に距離不安はありますが、陣営の回答では喉鳴りへの対応との事。

距離がながいとレース中に発症してしまいますからね、一理あると思いますし何かの刺激で走ってしまう可能性は大いにありそうです。

 

 

 

今週の直感馬

ジャスティンカフェ

前走エプソムCでは1人気で4着。
重馬場で最後方からではまず無理ですし、最終的に荒れた内馬場を通っての競馬も絶望的でした。
それでも上り最速を叩きだしている結果を見るとかなりの能力はあるはずで、積極的なジョッキーに乗り替わり勝負気配ですね。
小頭数は有利ですし、他馬を気にする所もあるので外枠も悪くはないでしょう。

まとめ

結果としてレイパパレは消しとしました。

1800mはベストだと思いますが、東京開幕週の高速ラップには対応できないと見ています。ただ小頭数ですからね、能力だけで3着に来たら大した馬だと思います。

サイン馬券

今週起きた事と言えばJアラートが鳴った事でしょうね。

ノースブリッジは関連してるといえるかもしれませんね!

 
今週はこちらのレースも開催します↓