sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

新潟記念 2022 予想 ☆前走距離がPOINT☆ 過去データと傾向

新潟記念

おはようございますsukeumaです。

夏競馬らしいハンデ戦ですね。秋のGⅠに向けて一発稼いでおきたいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

GⅢ新潟記念

開催競馬場 新潟競馬場
コース 芝2,000m
格付け GⅢ
条件 3歳以上 ハンデ戦

新潟競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、1965年に3歳以上ハンデ戦として創設され、当初は内回りレースとして開催されていました。2001年に新コースが完成してからは、左回りの芝2000メートル(外)で行われています。2006年から夏季競馬をさらに盛り上げるため設けられた【サマー2000シリーズ】の最終戦に指定されており、夏競馬を盛り上げる重要な一戦となっています。

 

新潟2000m【芝左回り】の特徴

コーナーを2つ回るいわゆるマイルで使われるワンターン芝2000メートルで、JRAで他に例がない独特のコースとなります。スタートして外回りの3コーナーまでの距離は約950メートルと長いです。途中まで緩やかな上り勾配で、そこから4コーナーに向けて緩やかに下っていく構成。ゴール前の直線は658.7mとJRA最長です。コーナーが少ないため、馬群が大きくバラけずに一団のまま進む展開になりやすく、直線はほぼ平坦な為脚が止まらずゴール前まで各馬が接戦となることが多い。位置取りや仕掛けどころなど、騎手の手腕が試されるコースですね。

 

要チェックデータはこちら

多少の誤差は生じる可能性が有ります💦

参考データ
前走距離 同距離 【7-9-6-70】
上記以外【3-1-4-71】

ハンデ戦らしく、あまりにまんべんなくデータが積み重なりますので、ある程度信頼してよいのは上記のデータのみと致します。

 

注目馬

エヒト

昇級後3戦目で重賞を勝利。GⅡ含め確実に着順を上げて結果を残している点は非常に成長を感じますね。前走七夕賞は先行押し切りのかなり強い勝ち方でしたので中距離路線では今後も活躍が期待できると思います。産駒的に距離適性は2200~2400mがベストですが新潟競馬場は勝率が一番良いので十分狙っていけるでしょう。

 

カイザーバローズ

同舞台である今年の新潟大賞典で2着の実績がある馬で、その時は上り最速。前走鳴尾記念では6着と敗れましたが、勝ち馬と0.4差でしたから昇級2戦目にしてはよくこのメンバーでオーラ負けしなかったかなという印象です。まだレース経験も浅い4歳ですし、ディープインパクト×Stormcatの良血統ですので、面白い存在ですね。

 

サンレイポケット

毎回言ってはいますが、戦ってきた馬がかなり強く、その中でほぼ掲示板を外していない馬。その割には重賞勝ちが1勝しかなく、7歳まで武器を活かし切れずにいます💦唯一の重賞勝ちが新潟大賞典と今回と同じ舞台ですので、ここは狙い目でしょう。

 

最終予想

本命◎ヒートオンビート

充実期に入った5歳馬で、成績的にも重賞制覇にあと一歩というレースが続いています。タイトルホルダーが勝利した今年の日経賞は本当にタフなレースで、このレースで上位に入線した馬達は全て重賞を勝利していますので次はこの馬の番です。距離的にギリギリな印象がありますが、新潟の広いコースであれば武器である末脚を発揮できるはずです。

 


対抗○スカーフェイス

6歳馬にしてはレース数も少なく、年齢にすれば充実期な方で近走も重賞で検討しています。スタートを出していく方ではありませんので、必ず後ろからになってしまうのですが、長く良い脚を使えますので、タフな追い出しが出来る岩田ジョッキーとは相性が良いのでしょう。ヒートオンビートにも先着していますし、能力は上位と見ますので展開がハマれば勝ち負けだと思います。追い切りではラストの伸び脚が強烈でしたので期待しています。

 


相手▲カイザーバローズ

ディープインパクト産駒の4歳で昇級2戦とも善戦中。今回と同舞台の新潟大賞典ではヒートオンビートやスカーフェイスに勝利したレッドガランとクビ差ですから能力値的には勝ち負けレベルとみています。調教も中間から確りと乗り込まれていますし、ハンデも据え置きですからここはチャンスです。

 


相手☆エヒト

七夕賞では早め先頭で鋭く伸びて勝利。完全に展開と作戦がハマった感があり、ハンデの利もあるとは思いますがそれでも勝ち方は圧巻でしたので覚醒していれば再度狙ったみたい馬です。今回は斤量増、新潟の広いコースとネガティブ要素が揃いましたので評価は下げています。

 


相手△サンレイポケット

ここ3年ほどGⅠ含め全て掲示板付近の結果を残している善戦馬で、7歳とは思えないほど充実期にも思えます。とくにこれといった武器もないので展開や適性しだいという所ではあるとは思いますが、唯一の重賞制覇が新潟大賞典ですので、もはやここしかないだろうという印象です。ここを勝利するようであれば秋の東京GⅠでも面白そうな存在となるのですが、トップハンデはきつそうですのでこの辺りの評価となっています。

 


相手△ユーキャンスマイル

完全に長距離専用という印象ではありますが、7歳にもなりここ最近のレースを見ると
精神的にロングはもう持たないのではないかというイメージです。重賞制覇は全て末脚を発揮できる広い外回りコースですので、ここも展開次第では馬券内も面白そう。鞍上変更の際は比較的好走していますので何か刺激になれば。

 

 

今週の直感馬

さて、今週のびびっと直感馬はこちら↓

競馬ブログランキング掲載中

(リンク先ランキング紹介文に掲載しています現在100位 辺り【sukeumaの直感競馬】)

2戦2勝と、コースに適性有り。

 

スポンサーリンク