sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

小倉2歳ステークス 2022 予想 ☆前走人気が鍵☆ 過去データと傾向

小倉2歳ステークス

おはようございますsukeumaです。

小倉競馬場最終ですね。難解な2歳戦、解読していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

GⅢ小倉2歳ステークス

開催競馬場 小倉競馬場
コース 芝1,200m
格付け GⅢ
条件 2歳 定量戦

1981年に創設され、第1回より小倉競馬場の芝1200メートルで行われている。 競走名は2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、「小倉2歳ステークス」に変更されています。夏の小倉開催のフィナーレを飾るレースとしても定着していますね。

 

小倉1200m【芝右回り】の特徴

スタートから3コーナーまでの距離は約450m。スタートしてから4コーナーにかけて、一貫して緩やかな下りが続く癖があるコース。ゴール前の直線は平坦で、距離は293mと短い。基本的に最初から最後まで下りと平坦だけを走るコースで、芝1200mの中でも速い時計やレコードが出やすいコース形状になっている。先行争いが激化することが多いので、強豪が揃えば逃げ・先行馬に対する後続のプレッシャーが厳しくなり、楽なレースはさせてもらえない。直線は短いが、差し馬の逆転も十分にありえます。

 

要チェックデータはこちら

多少の誤差は生じる可能性が有ります💦

参考データ
前走上り3F 3位以内 【10-9-8-85】
4位以下 【0-1-2-29】
前走人気 1~3人気【9-9-8-79】
4人気以下【1-1-2-35】

人気で確りと末脚を使えた馬を選択すると良さそうです。

 

注目馬

プロトポロス

中京1200m新馬戦にて、上り3F1位を記録して優勝。この時期に33.8を出せるのはもはや重賞級と呼ばざるを得ないでしょう。鞍上も次は重賞で良いとの事でしたので既に完成度が高いのかもしれません。ストライドを見るともう少し距離があった方が良いかなというイメージなのですが、この辺りがどう出るかでしょうね。

 

ミカッテヨンデイイ

新馬、未勝利戦と見事な末脚を見せているものの、小倉には似つかわしくない位置で競馬をしていましたので届かずというレースが続いていましたが、前走OPへ出走すると確りと折り合い今までよりも早いラップを刻んで勝利しました。斤量増、上のクラスで結果を残したのですから、もともとこれくらいの能力はあったのでしょう。鞍上の効果もありかなり人気にはなると思いますが、かなり本命に近い存在です。

 

クリダーム

前走函館2歳Sでしぶとく粘り2着と検討。馬場の渋い所を通って残り切ったのはプラスですし負けて強しといった印象。ここへの乗り込みも上々のようですので上積みもありそうです✨鞍上も絶好調ですので、ロケットスタートを決めて欲しいですね。

 

ウメムスビ

前走は同舞台で4着と残念な結果ではありましたが、昇格に斤量増が堪えた様子。それでも時計は詰めていましたし、直線での追い出しは次走へ向けての雰囲気にも見えました。父ファインニードルは晩成でしたので本格化は先かもしれませんが久々のスプリント種牡馬に覚醒を期待したいと思います。

 

最終予想

本命◎ミカッテヨンデイイ

フェニックス賞で圧巻の末脚で勝利。
デビューからテンが遅く終い勝負で届かずの競馬ばかりでしたが、前走スタートから
比較的折り合いが付き全体的に理想的な展開で勝利できています。期待馬が集まりますので能力値で抜けているかどうかは不明ですが、同じ舞台でこのレースを出来ているアドバンテージがありますので、同じ競馬を出来れば連対はすると思います。

 

 

対抗○プロトポロス

絶対的な1人気だと思いますが、人気に相応しい能力の持ち主。
新馬戦とは思えない末脚で勝利した結果は馬主期待の表れでしょう。調教でも終いの伸びが目立っていましたしとにかく加速が2歳馬とは思えません。こうなると展開や距離的に能力を発揮できるかどうかがキーポイントとなりそうですが、sukeuma的には距離や舞台が適性だとは思いませんので、1つ評価を下げました。マイル路線へ行って欲しいと思います。

 


相手▲メイショウコギク

新馬戦は衝撃的でしたね。とにかくスタートから終いまで変則的な高速ラップでラスト直線もフラフラしながら遊ぶようにゴールしていました。6馬身差で圧勝した様子をみると能力は抜けていると思いますが、逃げた記憶と安定しない牝馬という点をどう仕上げてくるかがPOINTでしょうか。調教は良かったですし姿勢やフォームもブレがなくなったのは◎です。雨なら父譲りの道悪巧者になってくれるかもです。

 


相手☆アウクソー

新馬戦は14頭立ての1人気で外枠を気持ちよくスタートし難なく先行すると、4角では唸るように他馬を飲み込みあっというまに直線では先頭にたち5馬身差で勝利。厩舎の仕げ具合も良かったのかもしれませんが、牝馬相手では能力が違った模様。走法的に小倉があっているかはなんともですが、前回と同様の競馬をできれば馬券内は固いと思います。懸念としては内枠を引きましたので控えられず行かせてしまえば高速小倉で脚を使ってしまい直線伸びない恐れもありそうです。

 

 

相手△クリダーム

唯一重賞を経験している馬で、洋芝適性も◎
前走行き過ぎてしまったため直線捉えられてしまいましたが勝ち馬が素晴らしい競馬を
した点を加味すればタフな馬場でこの結果は上々かと。調教では終いも加速ラップで伸びていましたので好走できる雰囲気は整っていますね。

 


相手△ウメムスビ

とにかく血統で期待が出来る馬。スタートが上手いので良くも悪くも前へ行きすぎてしまう為、前走は完全に目標にされてしまいました。今回は調教の内容からも控えた競馬をすると思いますが、前走の記憶が残っていれば行ってしまう事もありそう💦キャリアも重ねていますし体重も増えているようですのでその点がアドバンテージになれば面白そう。

 

今週の直感馬

さて、今週のびびっと直感馬はこちら↓

競馬ブログランキング掲載中

(リンク先ランキング紹介文に掲載しています現在100位 辺り【sukeumaの直感競馬】)

新馬の勝ちっぷりは大物の予感。

デビューであれだけのパフォーマンスが出来るのは完成度や強いメンタルの証拠。血統や走法的にもう少し距離があった方が良いと思いますが、あの走りを見ると抑えざるを得ないと思います。

 

スポンサーリンク