sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

札幌2歳ステークス 2022 予想 ☆前走上り順位が重要☆ 過去データと傾向

札幌2歳ステークス

おはようございますsukeumaです。

札幌競馬も終わってしまいますねー。この時期になると夏の終わりを感じます。さて札幌2歳Sの考察に入りたいと思います。ソダシ、ジオグリフ、ゴールドシップなど名馬が出やすいレースですからね、クラシックへ向けてとても重要なレースになっており楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

GⅢ札幌2歳ステークス

開催競馬場 札幌競馬場
コース 芝1,800m
格付け GⅢ
条件 2歳 定量戦

1966年に2歳重賞競走として創設され、当初はダートコースで開催されていました。1989年に札幌競馬場に芝コースが新設されたのをきっかけに芝1200mで行われるようになり、その後、早期から距離適性に合った競走を選択できるよう距離体系の整備が図られ、芝1800メートルに変更されレース名も【札幌2歳ステークス】に改称されました。

 

札幌1800m【芝右回り】の特徴

1コーナーまでの距離は180メートルほどで、すぐにカーブに差し掛かるので前半のペースは速くなりにくく、比較的内枠の方が好位置を確保しやすい。全体が平坦ということもあり3コーナー付近から展開が動き、4コーナーへ向かっていく。ゴール前の直線は短く、加速しながらコーナーを回れるタイプが有利。札幌競馬場は洋芝の為スピードが出にくく、パワーが必要とされるのが特徴です。

 

要チェックデータはこちら

多少の誤差は生じる可能性が有ります💦

参考データ

前走上り3F

1~2位 【10-9-10-78】
3位以下  【0-1-0-24】
騎手 継続騎乗【9-7-7-64】
乗替わり【1-3-3-38】

この時点での完成度が重要なようです。期待度も加味すると継続騎乗の方が勝負気配があるという事でしょう。

 

注目馬

↓新馬戦をまとめていますので、参考まで

 

sukeuma.com

sukeuma.com

アスクメークシェア

新馬戦を同舞台で勝利。パドックでは2人引きにて若さが出ていましたが、レースではセンスのある立ち回りで馬群を突き抜け内から見事なイン差しでした。日が浅いので伸びしろには期待できませんが、能力だけで通用する可能性は持ち合わせています。

 

シャンドゥレール

新馬戦では迫力ある走りで優勝し早くもダービー馬候補と噂される存在に。レースぶりをみても札幌や中山ではアドバンテージがありそうで、折り合って先行出来ればおしきれるだけの能力とタフさは持ち合わせています。血統を見ても2歳~3歳では無双に活躍出来そうな雰囲気があります。

 

ダイヤモンドハンズ

良血統にて期待のされている馬で新馬戦でもとても真面目に走っており、操縦性や折り合いには不安のない馬です。ストライドが大きいので距離は伸びていいと思いますが、子供っぽい所もあるのでメンタルという成長はもう少し先という印象です。

 

ドゥアイズ

新馬戦から見事な勝負根性で勝ちあがると前走コスモス賞へ。勝ち馬より馬場の良い所を通っての2着ですから、完全に能力負けではありましたが、直線ふらつくところがあったりと成長はまだまだ先の様子。ただコスモス賞の1~3着を牝馬が独占している結果をみるとここでも通用する能力はありそう。

 

最終予想

本命◎シャンドゥレール

とにかく新馬戦でのパフォーマンスが素晴らしかったです。
スタートを勢い良く出た後、シャドーロールを付けている辺り折り合い面などで不安ではありましたが、うまく前に馬を付けられた後はしっかりと流れに乗ることが出来、直線でも真面目にまっすぐ走れていたのは高評価でした。デムーロ騎手もノーステッキで仕上げた辺りは今後への期待の表れでしょう。内枠2頭は控えると思いますので良いスタートを決めて欲しいと思います。

 


対抗○ドゥーラ

前走未勝利戦が圧巻でタイムは去年のジオグリフと同タイム。
新馬戦から3秒もタイムを縮めていますし、上り3Fの34.5は札幌ではなかなか見ないです。デビュー時の敗因を確りと改善したレースでしたし、成長の上積みもかなり大きいのでしょう。今週は父ドゥラメンテの命日でもありましたし、外から捲って勝利してほしいです。本命と最後まで迷いましたが鞍上と完成度で対抗としました。

 

 

相手▲ブラストウェーブ

噂されているブラストワンピースの弟。
新馬戦でも確りと勝ち上がりましたし、鞍上も強化。洋芝適性も◎となれば推したくも
なりますが、前走は6頭立てでしたし成長的にもここが目標には思えないんですよね💦
調教駆けしていましたし仕上がってはいるとは思いますが、言葉通り半信半疑という感じです。オーラはありますからね、期待はしています。

 


相手☆ウェイビー

デビュー戦から上がり最速を記録してレースを出来ている馬で、同舞台での経験も有り。新馬戦では2000mも走っていますので、スタミナ負けは考えられず長く脚を使えますので道中上手く捌ければ2着3着は狙えそうな存在です。

 


相手△ダイヤモンドハンズ

サンデーレーシング所属の期待の新星。
有馬記念を勝利したサトノダイヤモンド産駒で新馬戦時点での完成度も高く、
とても真面目にレースを出来る馬です。ストライドや雰囲気を見ても距離延長はプラスだと思いますが、この時期にマイルから参戦する馬はデータ的には見当たりませんので評価は下げております。3歳になってから中心になるとは思いますがもう少し距離や舞台での経験が欲しい所です。

 


相手△アスクメークシェア

新馬戦でのタイムは平凡ではありましたが、初戦で馬群を抜けてくる根性は並では
ないですし、直線1F程で2着馬を差した決めても光るものがありました。この時期にメンタルが強い馬というのは珍しいのでどんな展開にも対応できそうですし人気がなければ積極的に買いたいと思います。

 

 

今週の直感馬

さて、今週のびびっと直感馬はこちら↓

競馬ブログランキング掲載中

(リンク先ランキング紹介文に掲載しています現在100位 辺り【sukeumaの直感競馬】)

完成度が高さと成長力に期待。

レース内容に特出した点はないがとくかく血統で押し切れるだけの期待は持てます。父、母父と札幌には相性が良いデータもありますので人気にはなりそうですが抑えは必要です。

 

スポンサーリンク