sukeumaの直感競馬

sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

安田記念 回顧 2022 呪いの解放

こんにちは。sukeumaです。

一つの呪いが解けた安田記念🏇回顧していきたいと思います。

1番人気の呪いは未だ晴れませんね💦宝塚記念ではぜひ勝ちあがって欲しいです。

 

さて、今回はマイルGⅠとしては遅いタイムの決着となっています。

道中ラップが緩み完全に直線勝負の展開となってしまいました。

その要因として考えられるのは、飛びぬけた1頭が居なかったというのが大きなファクターとなった気がします。

本来のシュネルマイスターであれば絶対の1人気に押され、勝ちへのレース作りをする逃げ先行馬が出ていたはずです。

しかし、予想では体調面なども含め最終的には2番人気になってしまう事で他のジョッキーたちは様子をみるレースをせざるを得なくなりました。

スタートではいつも通り位置取りをするものの道中は完全に様子を見る形でレースが進み、結果直線のエグイ末脚勝負で決まるという展開。

こうなってしまっては最後の位置取りや捌きの上手いジョッキーに軍配が上がります。

このあたりの展開を読み解くことができた人が今回馬券を取れたのではないでしょうか。本当に素晴らしいと思います✨

それでは、何頭かピックアップして振り返りますので良ければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予想結果

さて、sukeumaの結果は...

 

 

本命ソウルラッシュは13着でした💦

久々に本命対抗が掲示板を外しました。。

 

sukeuma.com

予想で取り上げた馬が1・2着でしたので、まずまずといった所ですが、3着サリオスをまったく度外視していましたので悔しいばかりです。

馬券の方も本命対抗から組み立てていましたので、当てることは出来ませんでした💦

みなさん参考にして頂きうまく馬券を組みたてる事は出来ましたでしょうか🍀

少しでもささった予想になっていましたら良いのですが。。

 

 

 

各馬の印象

個人的に何頭かピックアップして振り返りたいと思います。あくまで個人の見解です。

 

 

ソングライン

相手☆にしていました。

完璧な騎乗でしたね。他馬がロスのないレースをするなか完全に腹を括って位置取りに徹底し末脚を発揮することに集中した走り。今回はこれにつきます。

もともと本命候補ですと予想でも書かせて頂きましたがその通りの強さでした。

能力はもとより、Vマイルでの経験と人気馬の不利な展開になった事が積み重なり結果を残すことが出来たのだとは思いますが、もともとVマイルで本命にしていましたのでGⅠを勝つ力はありますし、レースを見る限り恐らく高速決着となっても馬券内には入ったと思います✨

それくらいバランスの良い能力のある馬だと認識する事が出来ました。

 

 

シュネルマイスター

相手▲にしていました。

この状態で2着は恐れ入りました💦

馬の状態もそうですし、直線のジョッキーの捌き方はホント素晴らしい✨

皆さんもそうだと思いますが、今回のこのレースにより絶対的な信頼をこの馬に持つことが出来たと思います。

秋のマイルCSではもちろん1人気になるでしょうし、状態や結果次第ではもしかしたら天皇賞秋にも出走するのではないかと思いますね。

 

 

サリオス

完全に無印です。

もともとGⅠ馬ですし、能力が高いのは理解出来ますが-22㎏が究極仕上げだとは思いもしませんでした💦陣営も微妙なコメントでしたし。。

仕上がっていたのかもしれませんが、それよりも今回は騎乗が◎でした。

積極的にポジションをとっていくジョッキーですので、今回の展開がドンピシャにハマったのかなと思っています。

今後はなんとも言えませんが、再度マイルで買いかと言われると少し疑問です。

 

 

ソウルラッシュ/イルーシブパンサー

本命◎対抗〇にしました。

両馬ともポジション取りが上手くいかなかったのが全てですね。

GⅠに出るようなジョッキーであれば道中緩んでいると気づいてもよさそうですが、、もう少し直線前に進路取りというか位置を確保出来なかったものかと疑問です。

ソウルラッシュは完全に進路が塞がったのと、イルーシブパンサーに関しては1人気ゆえの徹底マークを受けて蓋をされるようなレース。

この辺はさすがGⅠといった感じでかなり混沌としていましたね🏇

この2頭は今回のレースは度外視で考えます。

 

 

終わってみて

今回も1人気が馬券外に沈むという結果になってしまいました。

以前も血統やデータについて意見を綴りましたが、今年からは如実に進化の時代へと変貌をとげてくると思っています。

そういった意味では現状の1人気は過去の時代の人気であり、真の1人気が別に存在しているのではないかとsukeumaは感じています。

新時代の競馬を認め予想や馬券の買い目も進化する必要がありそうです。