sukeumaの直感競馬 | 競馬と競馬場が好きになるブログ

直感を大切にします。楽しく競馬を楽しみます

MENU

日本ダービー 予想 2022 ⭐︎注目はあの馬⭐︎

日本ダービー予想

おはようございますsukeumaです。

今年もこの季節がやってきましたね✨

このレースを勝ったから世界最強というわけではないのですが、先人達が積み上げてきた想いが競馬ファンの心を踊らせます🍀

では日本ダービー🏇の予想をどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

GⅠ日本ダービー(東京優駿)【東京2400芝】左回り外

3歳馬の到達点と呼ばれるレースですね。

クラシック三冠レースの一つで、“日本ダービーは最も幸運に恵まれた馬”が勝つと言われています。

時期的に難しい調整や、コースの特徴、キレ/フィジカル/スタミナが要求される為、全てをうまく運べた馬が頂点に立てるのかもしれません🏇

また、“競馬の祭典”とも呼ばれる日本ダービーの栄冠を勝ち取ることは、日本のすべてのホースマンが憧れる最高の栄誉とされています。

 

 

東京2400mコース特徴

4コーナー正面手前からのスタートとなり、急坂を2度走るので、スタミナが相当必要となる。直線には2.1mの上り坂【いわゆる心臓破りの坂】がある為、パワーも必要。

最後の直線525mでの末脚勝負でスピード・瞬発力を発揮する為に、いかに脚を温存出来るかがPOINTとなってきます。

 

 

 

データ【過去5年】

着順 馬齢 馬名 人気 前走
21 1 牡3 シャフリヤール 4 毎日杯(GⅢ)1着 ディープインパクト
2 牡3 エフフォーリア 1 皐月賞(GⅠ)1着 エピファネイア
3 牡3 ステラヴェローチェ 9 皐月賞(GⅠ)3着 バゴ
20 1 牡3 コントレイル 1 皐月賞(GⅠ)1着 ディープインパクト
2 牡3 サリオス 2 皐月賞(GⅠ)2着 ハーツクライ
3 牡3 ヴェルトライゼンデ 10 皐月賞(GⅠ)8着 ドリームジャーニー
19 1 牡3 ロジャーバローズ 12 京都新聞杯(GⅡ)2着 ディープインパクト
2 牡3 ダノンキングリー 3 皐月賞(GⅠ)3着 ディープインパクト
3 牡3 ヴェロックス 2 皐月賞(GⅠ)2着 ジャスタウェイ
18 1 牡3 ワグネリアン 5 皐月賞(GⅠ)7着 ディープインパクト
2 牡3 エポカドーロ 4 皐月賞(GⅠ)1着 オルフェーヴル
3 牡3 コズミックフォース 16 プリンシパル(OP)1着 キングカメハメハ
17 1 牡3 レイデオロ 2 皐月賞(GⅠ)5着 キングカメハメハ
2 牡3 スワーヴリチャード 3 皐月賞(GⅠ)6着 ハーツクライ
3 牡3 アドミラブル 1 青葉賞(GⅡ)1着 ディープインパクト

主に皐月賞組からの参戦が多いですね。

それくらい能力値に差が出るという事でしょうか。

東京2400mのGⅠで勝利している父は黄色にしています。

【バゴ/ハーツは海外2400GⅠ勝ち有

 

 

本命◎イクイノックス

去年の東スポ杯を勝った時点にてダービー候補の本命と噂されていた逸材🏇

年末のGⅠや前哨戦をパスして皐月へ直行すると見せ場満載で2着と結果を残しました。

見せ鞭の際に内によれ、追いにくそうな展開となりましたが、これをよれたと見るか、ものすごい反応をしたと見るかはそれぞれで、東京での広いコースであれば左右の鞭で調整できるジョッキーですので僕は飛びぬけたポテンシャルだと思っています。

休み明け/軟らかい馬場でこの競馬ですから、ひと叩きされたダービーはさらに上昇するはずで、最終追い切りでも1週前に比べ終いがグンと伸びた印象。馬体もトモの筋肉のエグさが目立ちまさに順調といった感じ。

sukeuma的には同じ舞台である共同通信杯より、東スポ2歳Sでの結果を重要視しており、2歳時/3歳時でどれくらいの時計をだせたのかを見るようにしています。

イクイノックスは2歳時に現在1人気のダノンベルーガが勝利した共同通信杯より1.7秒も早い時計をだし、3Fのパフォーマンスは32.9という超抜な末脚を残しています。

枠など関係ないと言わんばかりの名馬っぷりと、条件の合う東京コースでの主役登場といった感じを見せて欲しいと思います✨

 

 

 

対抗〇ダノンベルーガ

父がハーツクライ、母系が米国という血統で東京2400mのタフさには適応できると見ています。

ダービーが目標と言っていた通り前走皐月賞は叩き台でプラス体重。

GⅠを叩きにしても4着と健闘する辺りに大物感を感じています。

経験の少なさで少し評価を下げるはずでしたがフォトパドックを見て対抗まであげました。

見て頂ければ分かりますがベルーガだけ皐月賞とは別馬ですw

お腹もスッキリしましたし、トモもむきむきな様子🏇✨

過去データでも共同通信勝馬が皐月賞→ダービーと出走の際は好走していますし、

さらに共同通信杯以外に東京勝ちがあれば馬券内100%というデータも後押しします。

調教の具合も抜群で、6ハロン77.9-11.0の超抜時計で単走を駆け抜ける偉業✨

当日次第では本命になるかもしれません。

 

 

相手▲ジオグリフ

2冠の可能性のある皐月賞馬。

間違いなく能力は1流で、操縦性も良く賢い。

朝日杯で馬券を外しましたが、恐らく息入れのない忙しい競馬は苦手な様子。

東京2400mはそのあたり問題ないとみますので自身の能力は発揮できるはずです。

共同通信杯ではダノンベルーガに負けましたが、どうやら体調もあまり良くなかったようで、それでもじりじり伸びてくる競馬を出来たという事は皆さんのみたてにあるように負けて強しの競馬だと思っています。

今回は前走よりマークされる立場となり厳しさも増しますが、とはいえ皐月賞を勝った馬、極端な時計にならなければ2冠もあると見ています👑

懸念点としては血統面と性格面💦

父ドレフォンはダート馬、しかも短めの距離で成績を残している競走馬です。

同じ産駒のカワキタレブリーがNHKマイルで好走しましたので、コース適性やグレードに対する不安はそこまでないのかもしれませんが、少し引っかかるというのが正直な印象です。

あとは他馬を嫌うところが見受けられますので、テンションがあがらないようにエスコートする必要がありそうです。皐月では直線右ムチを打つあたり、近くなるのを避けていたのでしょうか。東京コースでは前走よりは柔軟にジョッキーが対応できそうですのでさほど心配はしていませんが、下げる要因があるとすればそのへんかと。

 

 

相手☆オニャンコポン

まさにダービーを走る為に生まれてきた馬🏇

父エイシンフラッシュ→ダービー1着

母父ヴィクトワールピサ→ダービー3着

母父父ネオユニヴァース→ダービー1着

父系にキングカメハメハの父Kingmamboがいますのでまさに絶好の舞台✨

ただ、中山/皐月から東京/ダービーがプラスに変わるとは思えず💦前走と同じ競馬ではかなり難しいというのが正直なところ。

父は7番人気でダービー馬になりましたので、もし同じ人気になればさらにドラマが生まれそうな予感。

ダービーの歴史上、父が記録した上がり3F-32.7は今だ破られていません。

今年あの場所でオニャンコポンが記録を更新する為に進撃します。

 

 

相手△キラーアビリティ

ホープフルステークス勝ちのGⅠ馬。

同レースでのタフなレースは秀逸で絶対能力は上位に劣らないはずです。

人気がなくても、GⅠ馬や皐月賞人気馬がダービーで好走することはよくありますので、父ディープインパクトの血統も信じて買わせていただきます。

 

 

相手△アスクビクターモア

戦ってきた馬がかなり強い馬で、地味な雰囲気ではありますが間違いなく能力は上位。

皐月賞では行く馬がいなかった為、逃げる形になりましたがそれでも掲示板という素晴らしい結果となりました。

本来は少し控えて先行する競馬ですので、今回絶好の枠をひき自分の競馬に集中できると思います。

東京コースでは結果が出ていない為、評価はさげましたが大舞台で面白い騎乗をするジョッキーですので、楽しみですね。

 

 

相手△ドウドゥース

朝日杯勝ち馬のGⅠ馬。

キレるところがなかったのですが、前走試すかのように後ろからの競馬。

上り最速の末脚で3着と結果を残しました。

東京の勝利経験もあり距離も問題ないとみますが、中段での競馬ではなく同じ後方でのレースとなれば逆転は難しいと予想します。

あとは、朝日杯勝ち馬ってどうもダービーのイメージが沸かず、評価を下げました。

 

 

 

まとめ

正直生き物ですから、僕らが把握しきれない要因は山ほどあると思います。

枠やローテーション、血統など数年前からデータやジンクスを破る馬たちをたくさん見るようになりました。

ブログのタイトルにもある通り、やはり最後は直感で予想をするのが一番納得できて楽しいという解釈にたどり着きましたw

かなり順当な予想で面白味はないかもしれませんが、皐月賞組以外は全て切り。

プラダリア/アスクワイルドモア辺りは内枠も含め不気味なのですが、今年は上位が強すぎますので紛れはないと予想します!

予想とは別にオニャンコポンの応援単勝馬券も買いたいと思いますので、個人的にはそちらの意気込みが大きい感じです🍀

オークスでは様々なアクシデントがあり消化不良ともいえますが、まずは何事もなく全馬無事でレースを終えてほしいと思います。

 

 

◎〇→▲☆△へ馬連ワイドで厚めに勝負します!